お知らせ

お知らせ [急告]

 当財団と提携関係にある中鉢美術館に於いて人気ゲーム「刀剣乱舞」に登場する作者の日本刀を急きょ展示することになりました。

 ◎2015年7月26日から、すでに展示を始めています。

 ◎2015年8月8日はグランドオープンで、当日から長曾根虎徹と清麿の二振りが展示されます。
  展示は、8月8日午後からの予定です。

 展示予定刀剣銘
 (同じ作者で短刀・脇差・刀・太刀・薙刀などの種類の別はあります)
  大和守安定   加州清光   陸奥守吉行   同田貫正国   逆刃刀
  十一代和泉守兼定   長谷部   兼定(古刀最上作)   国俊   青江
  長曾根虎徹   清麿   〈左文字〉
               〈 〉は未定、又は期間限定公開の予定

 仙台国包、正宗、妖刀村正などは常設展示中。約三十振りの日本刀が展示されています。
 尚、設備等の条件に制約があるため国指定の重要文化財、国宝等は展示できませんので、大倶利伽羅、愛染国俊、藤四郎の類は今回は公開できません。後日、場所、機会を改めての公開を検討中です。(尚、本件に限らず当財団へのお問い合わせ等は多忙につき応じかねますので悪しからずご了承ください。)

[急告]

国指定重要文化財

名物 小夜左文字

2015年8月8日 午後4時から 1時間のみ公開 予定

 原則、事前に身元を証明できる方のみに対しての公開です。中鉢美術館では文化財保護法上、不特定多数の方への展示はできません。
 当日の方は、運転免許証や学生証などの住所、氏名、連絡先の証明できるものをご持参ください。
 法的には、館としての公開ではなく、所有者による公開となります。(尚、人数は50名程度を限度として考えております。また、交通事情や諸般の事情で日時等が変更になる場合がございます。ご了承ください。)


中鉢美術館

〒989-6471
宮城県大崎市岩出山字上川原町7-6
TEL:0229-29-9833

最寄り駅        JR陸羽東線・有備館駅(約108m)
アクセス(車)     東北自動車道古川ICから約15分
アクセス(電車・バス) JR有備館駅から徒歩1分


 宮城県大崎市岩出山は「日本刀が誕生した地」とも言われています。日本刀の源流を観に、そして遊びに行きましょう。中鉢館長の説明を聞くこともできるでしょう。


①国宝 熊野三所権現 長光
②国指定重要美術品の水神切兼光(かねみつ)
③   同上    波游ぎ兼光(かねみつ)
④国指定重要文化財 見返り元重(もとしげ)
⑤最上大業物    備州秀光(ひでみつ)
 (非常によく切れるというランクで最上のレベル)

 尚、2015年12月に静岡県三島市の佐野美術館で観ることができます。(その他多数の日本刀が展示されます)

 ③と⑤については刀剣博物館(東京代々木)でも2015年8月24日から展示されます。

 ④については山形県鶴岡市の致道博物館で2015年8月下旬から展示されます。同時に酒井家伝来の家宝も多数展示され、重要文化財 信濃藤四郎や国宝 信房の太刀なども展示されます。

 尚、見返り元重は国の重要文化財ですが、1986年に旧庄内藩主酒井邸から盗まれた後、長らく所在不明となってしまいました。しかし、近年、酒井氏と当財団澤口との協力により無事発見され、その後、正式な手続きを経て表舞台へと戻ってくることができたという極めて貴重な日本刀です。
 「切られた人が振り返った後にようやくばったりと倒れたほどの優れた切れ味」と言われたことから「見返り元重」と呼ばれています。