薬師寺 スペースに余裕がある場合の展示

日本刀剣博物技術研究財団が関与する日本刀の展示

当財団は平易な言葉で分かりやすい話し方に留意しています。
専門家の方には「物足りない」「もっと詳しく」といったご意見やご要望もあるようですが、今後、専門的解説は他の博物館、美術館様にお任せして、親しみやすい日本文化を目指したいと思います。


スペースに余裕がある場合の展示

幕末の天才刀鍛冶「清麿」を1振展示しています。

また、清麿が私淑したとされる左文字の刀と短刀を1振ずつ展示しています。

弾正左文字(上杉景勝あるいは上杉謙信が持っていたとされる短刀)


この度は展示スペースに余裕がなかったため、「清麿」を主とした展示は出来ませんでした。
別の機会に展示を試みたいと思います。